LOG IN

季節の変わり目はいつも

パソコンで書きたい気分のときと、スマホで書きたい気分のときがある。 ここでのエッセイは基本スマホで書いてるんだけど、最近は長いものを書きたくてパソコンでかたかた紡いでた。でも今日は、寝ころがってお腹の上でパソコンを開いたのにもかかわらず、なんとなくスマホの気分。 さっき髪を乾かしながら、スマホの待ち受けを変えようと夏っぽい画像を探して

人文学✖️生活って?

小説(またの名を文学、またはアートや哲学)は何の役に立つのか。そんな問いに、私は大学5年間、苦しめられてきた気がする。 文学部のそれもマイナーでゴリゴリ人文系の独文学なんかを専攻していた。てきとうに選んだわけではなく(かといってこれしかないと思って選んだわけでもないけれど)、これにしようと思って進んだから、「なんで文学を学ぶのか」とい

趣味を聞かれるのが、

趣味はなんですか、の質問が来るたびに、まごまごしてしまう。 読書。これは子どものころからそうだけど、いかんせんそこから話が進まない。しかも、今や仕事にしてるところもあるから、ライターで趣味が読書なんてもう自己紹介では言えないのではという感じである。 子どものころは趣味だなんて言葉を意識せずとも好きなことに没頭していたし(読書と人形ごっ

ギャッツビーと文芸棚と。

昨夜は本を読んでいるあいだに寝落ちしてしまった。7年ぶりくらいに手に取ったグレートギャッツビー。最初に読んだのは、高校の英語の授業だった。当時はアメリカの現地校に通っていて、高2の英語の授業でグレートギャッツビーが指定本だったのだ。その年は、他にもホーソーンの緋文字、マーク・トゥウェインのトムソーヤの冒険、キージーのカッコーの巣の上で

前置きというのはだいたい、

ふとんからはみ出ている二の腕が寒い。しばらく暑い日が続いたのですっかり衣替えをしてしまい、夏用パジャマに毛布なしなのだ。毛布、せっかくこのあいだ洗ったので次の冬までは眠っていてもらいたい。 つくづく、天候に左右されてるなあって思う。寒いとどこにも行きたくなくなるけれど、暑いとやる気も食欲もわかない。春と秋は過ごしやすいけれど体調を崩