LOG IN

細切れの時間を、かき集めて

by SAKI.S

新しいアプリをダウンロードすると、必ずと言っていいほど最初に聞かれるのが、「通知を許可しますか?」というもの。ぼーっとしていてYES!を押すと瞬く間にたくさんの通知が私の小さなスマホめがけて飛び込んでくる。私の手は小さくてそんなたくさんの通知は抱えきれないので、よっぽどのことがない限り、通知は許可していない。

入っているアプリの通知を全部許可したら、一体どれくらいの頻度で通知が飛んでくるんだろう・・・なんて実験は怖くてしていないけれど、けっこうな数になりそうである。スマホヘビーユーザーの人だったらひっきりなしにピンポンピンポン鳴りそう。

ただでさえ人の時間は区切られているーー睡眠・食事・お風呂排泄で確実に三等分されるけれど、もちろんそれに加えて大体学校やら仕事やらで区切られ、通勤で区切られ、料理や洗濯お迎えなどの家事子育てで区切られ、人との約束で区切られ。もちろんそれは悪いことじゃない、メリハリのある生活や気分転換には欠かせない。

でもそんな区切られた時間をさらに区切るかのように通知が差し込まれたら、ちょっとたまったもんじゃない。とか言いつつ、スマホが普及してから自分の集中力落ちたなあなんて思う。集中すると頭が逆にすっきりすることがあるし、何よりはかどって短い時間で終わらせることができるから、集中できるまとまった時間はやっぱり欲しい。

小さい頃、一日中、暗くなるまで床に座って一人でお人形遊び(シルバニアとかリカちゃんとか)をしていたのを思い出す。今から考えるとびっくりするくらいまとまった時間と没頭する集中力があったなあと。楽しいとか嬉しいとか幸せとか感じるヒマもないくらい、何かに没頭している時間がきっと人生で一番輝いていると思うーーその中身がなんであれ。

それでは、また。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SAKI.S
OTHER SNAPS