LOG IN

やりたいことをやる時間をつくる

by SAKI.S

先週末、やっと桜を見にいくことができた。ほとんどは散っているか葉桜になっていたんだけれど、一本だけ、まだきれいに咲き誇っている木があった。(タイトルの写真)

桜を見ながら、どうしてこうたくさんの花があるのに、日本人は桜が好きなんだろう、とふと思う。

出会いと別れの、季節に桜が咲くからだろうか。咲いたと思ったら2週間くらいですぐ散ってしまうその儚さが、無常観を思わせるからだろうか。

そんな私も、桜そのものよりも、そよそよという風に揺られて舞い落ちる花びらの方が好きだ。桜の木から見れば、人間の一生なんてあっという間なんだろうなあ。

と、あっという間であろう、人生について思いを馳せる。1日がこんなにあっという間なら、きっとあっという間に年を重ねていくんだろうか。しかも、年をとるにつれて時間が経つのが早くなる、というし。

”やらないといけないこと””締め切りがあること”から順に予定は埋まり、そんなつもりはないけれど”やりたいこと”は気づいたら後回しになっていることに気づく。すきますきまに空いた時間は、だらだらする時間、休む時間に使ってしまう。

もちろんだらだらする時間も必要なんだけれど、取り掛かるのにエネルギーのいる”やりたいこと”は、ついつい後回し。大学を卒業し、就職せず、つまり大きい組織に所属して時間を管理されないからこそ、出てきた悩みなので、ちょっと前を振り返ると贅沢な悩みでもある。

ある程度自分で自由に時間を決められるからこそ、スケジュールに”やりたいこと”をやる時間をぶち込むくらいでないと、と思うようになった。ブログを更新する時間や、本屋を開く準備をする時間、中国語やhtmlを勉強する時間、を。

それでは、また。



SAKI.S
OTHER SNAPS