LOG IN

同じことを何度も聞きたい

by SAKI.S

ツイッターで自分のいいね一覧を見ると、あれ、同じ内容のことにいいねつけまくってるなあと言うことに気づく。

「好きなことをやる」「続ける」「焦らない」「ちゃんと休む」「とりあえずやってみる」などなど...。似たような内容にいいねおしちゃうんだなあ。

上記は、調子がいいときはできているけれど、調子が悪いとき...頭が痛かったり生理前だったり、イライラしてたり、落ち込んだり、ケンカしたり...そんなときには、できなくなったり、できる自信がなくなっていることだ。

同時に、自分が習慣化したいことでもある。

自分がやっていることが正しいかどうか、わからない。わからない中で進むとき、調子のいいときは一人で進めても、調子の悪いときには、誰かに背中をおされたくなる。不安になるからだ。

「大丈夫、あなたは正しいよ、それでいいんだよ」と。

だからタイムラインで、自分がやりたい、正しいと思っていることと同じ意見を見つけると、一人じゃない、と背中をおされた気がして、思わずいいねをつけてしまう。何度も何度も。

そうやって、調子がわるいときは、誰かに背中を押されながら、少しずつ変わっていったり、前に進んだりするものなのかもしれない。

そういえば、身近な人に相談するときも、「自分がほしい言葉を言ってくれる人」に無意識に話している気がする。

何度でも不安になる。何度でも落ち込む。
その度に、同じことが聞きたい。

というようなことに気づき、弱いんだなあ、ととほほ...となった。

調子悪いときこそ厳しい意見を聞け、というのもあるかもしれないが、そこは人それぞれだと思う。
肝心なのは、「どんな意見を聞くか」ではなく、それを踏まえて、調子の悪い状態からどうやって、少しでもゼロやプラスの状態に近づけていくか、そこから進んで行くか、なのだから。

「同じこと言っても意味ないよ」と言うこともあるけれど、「好き」や「ありがとう」は一回言ったらそれでよし、ではなく、その度に何度も伝えていくことで関係性を構築していくように、「同じことを何度も聞く」ことで、徐々に徐々に前に進めたり、変わっていったりするのかもしれない。

だから、同じことを何度も強い口調で言う人は、アンチが多くとも、強烈なファンがいたりするんだろう。私はそのタイプではないけれど、ファンを増やしたり有名になる一つの手ではある。

そういう私も、前にも書いたけれど、煽られたいときは、イケハヤさんなどあえて強い口調の人の記事を読んだりします。

言ってもらうばかりではなく、自分も、何度も何度も「大丈夫だよ」「応援してるよ」「ありがとう」「これ、好きです」と、大切な人に言えるように。

それでは、また。

***

冬の夕焼け空。あまりに暑く、いよいよ夏本番...となったので冬が恋しくなって。夏は突き抜けるような青さがあるけれど、冬の空はすっと透き通っているかんじがする。どちらも好き。

***

自宅でこぢんまりとbooks1016(といろ)を始めました。外国人観光客向けですが、日本の方向けに外国語書籍や海外関連の本も置いています。また、資金かからずに始めたので、自分もお店やってみたいけれど、一歩踏み出せない…という方も気軽に来てもらえれば^^

今月は週末営業、予約はfacebookで受け付けています(ツイッターDMも可です)。

http://books1016.tokyo/

http://instagram.com/books1016/

https://www.facebook.com/books1016/

LINE it!

SAKI.S
OTHER SNAPS