LOG IN

無人島にもっていきたい日々のこと

by SAKI.S

昨日のエッセイで『富士日記』を読んでいると書いたんだけれど、その富士日記に誘発されて、私も簡素な日記をつけてみよう、と思い立った。

毎日食べたものと、したことと、読んだ本について。その日に思ったことや、嬉しかった、悲しかった、などは入れない、事実だけをたんたんと記した、いわば日々の記録。

なんで記そうと思ったのかというと、嬉しい日も、落ち込んだ日も、どんな日もやる日々のいとなみを、記して置きたいな、とふと思ったのだ。

無人島に持って行くとしたら、お気に入りのレコードじゃなくて、レコード一覧が書かれた雑誌を持って行くと答えたものをどこかで見たけれど、そんなかんじだ。

もし、無人島に流れ着いたときに、その日記を見返して、ブロッコリーのお味噌汁や、バターチキンカレーや、富士日記や100年の孤独など、そんな記録を見て、かつての人間的いとなみを思い出しながらだったら、生き延びられる気がしたからだ。

いや、比喩がとびすぎかもしれない。でも、アンネが隠れ家でずっと日記を書いていたように、非人間的日々のなかでも、日常的な毎日のいとなみを思い出せるよう、記しておきたいなと思ったのだ。

落ち込んだ日でも、喜んだ日でも、日々のいとなみを行なっている。そうやって、客観的に、自分の感情と距離を置くためでもあるのかもしれない。日々の大切さをちゃんと認識したいな、と。

さて記念すべき第一回目の日記は

朝:グラノーラ、牛乳
昼:ステーキ、海老のトマトスープパスタ
夜:ぶっかけうどん
出勤日、富士日記

である。これが、人間的いとなみかはわからないけれど、うん。

とはいえ、続くかはわからないので(弱気)、2017年1月はじまりの、半額になっている手帳を買う。ほぼ日手帳があまりに有名なので、一回使ってみたくなったのだ。何冊か持っているモレスキンの手帳バージョンと悩んだけれど、ほぼ日のはちゃんと、ページが閉じずに書けるのがいい。

友人に話したら、ツイッターにあげれば〜?人がなに食べてるかみたい、と言われたので、ツイッターにあげるか迷ってもいる。

しばらく、両方するかもしれないし、なにこれ?って感じかもだけど、ツイッターにちょこちょこ私のごはん記録が載るかもしれない。
ツイッターに載せるときまま感が減るけれど、食欲減退防止策になるかな、とも思っている。なんせ夏バテでぜんぜん食べられないのだ。

日記は宣言から始まる。そう思って。

それでは、また。

***

自宅でこぢんまりとbooks1016(といろ)を始めました。外国人観光客向けですが、日本の方向けに外国語書籍や海外関連の本も置いています。また、気軽に始めたので、自分もお店やってみたいけれど、一歩踏み出せない…という人も気軽に来てもらえれば^^

今月来月は週末営業、予約はfacebookで受け付けています(ツイッターDMも可です)。

http://books1016.tokyo/

http://instagram.com/books1016/

https://www.facebook.com/books1016/



SAKI.S
OTHER SNAPS