LOG IN

時間をかけるのを厭わない

by SAKI.S

働き方改革と言われて久しいけれど、そこでよく挙げられることの一つに生産性の向上がある。

私は基本的に賛成だし、長時間労働を良しとは思わない。

前にも書いたけれど、私は長時間寝ないといけないロングスリーパーなので、8時間寝ようとすると必然的に効率よく一日を終えないといけない。

忙しい東京にいるのもあいまって、私はぱっぱぱっぱと仕事や家事、移動を終えようとするし、よく焦ってしまう。

でも最近、それじゃあいつまで経っても焦ってしまうし、自分が時間をかけたいところには、かければいいじゃないか、と思えるようになってきた。

自営業の本屋をやっていくのも、フリーのライターとしてやっていくのも、ちっぽけな個人で、組織名を背負わずやっていくので、軌道にのせるまで時間がかかる。

美味しいごはんをつくるのも、家のなかをきれいに保つのも、時間がかかる。

文章を書くのも、読みたい本を理解するのも時間がかかる。

ひとつひとつが地味で地道だから、結果を求めて、今やっているひとつひとつの小さなことが(毎日のごはんつくったり、本屋のインスタ更新したり、インタビューの下調べしたり)つい無意味に思えて焦ってしまうと、続かない。

時間をかけるのを厭わないこと。時間をかけることでしか、進めないこともあると知ること。

そう、植物や野菜を育てるみたいに。

時間をかけるに慣れるために、なにか育ててみようかな、と思い始めている。

時間をかけることを厭わないこと。それが、自分でなにかをやるときのコツなのかもしれない。

それでは、また。

LINE it!

SAKI.S
OTHER SNAPS