LOG IN

シナモンの香り

by SAKI.S

生理前だからか気分の落ち込みが激しい。雨なのも相まってうつうつと、世界がパサパサした粘土でできた灰色の世界になる。

でも前々から夫と約束していたので、うつうつしながらも出かけてみる。目的を果たした後はカフェに行き、カレーを食べ、目的の2つ目、ちょっとしたライブも行われているバーへ。

カフェで飲んだミルクティーについてきたシナモンパウダー。ひとふりすると、つんとした、それでも甘い香りがカップのなかに、そして私の鼻の奥へと抜けていく。

カレー屋さんで食べたタンドリーチキンは、何のスパイスかわからないのが悲しいところだけれど、一口食べただけで、家でつくる100円タンドリーパウダーとは全く違う香りに包まれた。

カフェではうるさすぎず謙虚すぎないくらいのBGMが流れ、バーでは普段聞かない音楽に合わせてまわりの人がリズムをとっている。

帰宅した後、気分が前よりすっきりして、何より落ち込んでいて低迷していた読書欲が戻ってきたのか、読みかけだった小説を終える。

うん、読書欲が戻ってきたのが、何より嬉しい。

スパイスの香りと音楽という、普段はあまり意識しない耳と鼻からの刺激を受けたのがよかったのかなあ。

普段は専ら活字で目からの刺激ばかりなので、たまには他のところから、刺激を受けて。

スパイスの量と音楽のボリュームには気をつけないといけないけれど。

鼻悪いから自信ないけれど、スパイスの勉強がしてみたい。ルーじゃないカレーをつくってみたいのだ(いつになることやら)。

それでは、また。


SAKI.S
OTHER SNAPS