LOG IN

さん付け問題

by SAKI.S

一般的に、歴史的人物や芸能人、アーティストや作家、政治家など、有名な人というのは(なぜだか知らないのだけれど)「さん」無し、つまりフルネーム呼び捨てで呼ばれる。坂本龍馬、川端康成、草間彌生、小池百合子、イチロー、などなど。

とはいえ、ときには名前を言ったあとに「...さん」とつけないと落ち着かない人がいる。

例えば私がよく読む本のなかに内田樹の著書があるのだけれど、いつも「樹」まで書いたあとに、そこで終わるのは落ち着かない。なんだか呼び捨てにするのは失礼な気がし、でも「内田樹さん」も馴れ馴れしい気がする...ということで出てきたのが、「内田樹氏」であった。なるほど、こうしてみると「氏」が最も(そのお顔の雰囲気や著書から)ぴったりくる。

私の場合、さんづけするかどうかは作家で悩むことが多い。例えば村田沙耶香さん。なんとなく呼び捨てしづらい気がするのは、彼女がまだお年を召していないがするからだろうか。そういえば、現代女性作家って呼び捨てしづらい。村山由佳さん、佐藤多佳子さん、川上未映子さん...なんとなく、さんづけした方が落ち着くのだ。

若いから、ご存命だから、という理由だろうか。教科書に載るくらい、世界的に有名、な人は、歴史的人物に片足を突っ込んでいるからか、ご存命中でも呼び捨ての方がしっくりくる。村上春樹、吉本ばなな、草間彌生、村上隆etc.

どうも私のなかで明確な基準も理由も出てこない。人と話すときや文章に出すとき、「...さん」とあとからもごもご付け足すこともあるから気になって仕方ないのだけれど、どなたか似たような悩みや、「これが基準だよ」というのを持ってる方はいませんか。

どうでもよい悩みなんだけど、気になる「さん付け」問題。解決するのはいつのことやら。

それでは、また。


SAKI.S
OTHER SNAPS