LOG IN

自分を愛するために

by SAKI.S

大人になるということは、自分で選択することが増えることでもあって。

就職する/しない。独立する/しない。結婚する/しない。子どもをもつ/もたない。仕事を続ける/家庭に入る。

どれも正解なんてなくて。

だから、自分が選んだ選択を、そしてその選択をした自分自身を、肯定できていないと、自分と違う生き方をしている人に出会ったとき、まるで自分(の選択)を否定されたような気になってしまう。それが嫌で、私たちは無意識に、そんな他人を否定しようとする。

だって、私自身がそうだからだ。私は正社員で働いていないから、フリーの働き方に自信がなかったり上手くいっていないときは、バリバリ正社員で働いている友人に会うのが、正直つらい。「今何しているの?」と聞かれるのが、怖い。心のどこかで、バリバリ働く友人を否定している自分がいるのではと、いやでたまらない。

もちろん、やっていることを起軌道に乗せるのはとても大事だし、それが自信にもつながる。でも、うまくいっていないときは不安定だし、そもそもうまくいっている状態からさらに上を目指そうとするので、そこには「これでいいの?」という不安がつきまとう。

結局のところ、どんな選択であれ、それがどんな結果になったとしても、自分をまるっと肯定する=愛する、ということができていないと、究極のところ、自分とちがう生き方や価値観をもつ他者を肯定するのは難しいんじゃないか。

かといって「自分を肯定しましょう」と言われて「はいそうですか」とできるわけではない。そこには具体的で目に見える技術がいる。

長くなりそうなので、その3つは次回に。

それでは、また。


SAKI.S
OTHER SNAPS