LOG IN

書くことそのもののために、書いている。

by SAKI.S

確定申告が無事終わり、ほっとしたのかとても眠い。

初めての確定申告だったけれど、去年夫の手伝ったしだいたい経費とかつけてたから大丈夫と思っていたのが良くなかった。もらった書類にミスが発覚して慌てて修正依頼したりと、落ち着かない数日だった。

私は心配性なので、初めてのことが終わるまでは、いつも心が落ち着かない。何をしていても、大丈夫かな...と思って心ここに在らずになってしまう。

そんなときって残念ながら本に集中できないので、その分書くことにしている。日記でもその日のメモ(私の場合日々食べたものの記録)でもツイートでも詩でもブログでもなんでも、何かしら書くと、目の前の文章に向き合うからか、書き終わったあとにすーっと心が落ち着いていたり、頭がすっきりしていたりする。

書くことの療法、って、確かにある。誰のためにでもなく、自分のために書く。何かを言いたくて書くのではなくて、書く行為そのもののために、書く。正確には、自分にではなくて、自分という他者に向かって、書く。

書くことそのものが持つ力って、きっとあると思う。力というとあれかもしれないけれど。まだ言葉で言い表せてないけれど。

誰のために、何のために、書いていますか。

それでは、また。



SAKI.S
OTHER SNAPS