LOG IN

趣味を聞かれるのが、

by SAKI.S

趣味はなんですか、の質問が来るたびに、まごまごしてしまう。

読書。これは子どものころからそうだけど、いかんせんそこから話が進まない。しかも、今や仕事にしてるところもあるから、ライターで趣味が読書なんてもう自己紹介では言えないのではという感じである。

子どものころは趣味だなんて言葉を意識せずとも好きなことに没頭していたし(読書と人形ごっこ遊びと走ること)、学生のころはそれこそ本を読むのと美術館行くのがすごく楽しかった。

働き始めてからは、好きなことと仕事が比較的近いところにあるからか、それとは別の新たな趣味が欲しくて仕方ない。好きなことを仕事にするのは幸せであり、同時に不幸なんだろう。これは逆もしかりなので、どっちがいいとは全くもって一概には言えないのだけれど。

隙間時間にはポケ森とコナンの考察サイトを徘徊しているけれど、果たして趣味と呼べるのか。どちらも読書に負けず劣らず10何年は好きだけれど、何か目に見えて上達する趣味がほしい。

というわけで、気づいたらここ1年ほど「趣味迷子」だ。歳を重ねれば重ねるほど、人生における趣味の重要性は増す一方で、一歩踏み出すその足も重くなっているような。

とはいえ、最近オーボエの体験に行って思ったよりすごく楽しかったので、なんとかして始められないかなあと思っている。むろんこれは、この間観たリズと青い鳥の影響である。

新しい世界の、扉を叩けますように。

それでは、また。


SAKI.S
OTHER SNAPS