LOG IN

まかないオムライス

by SAKI.S

オムライスというのはすっかり子どもに人気の定番メニューになっているけれど、もとは洋食屋さんのまかないから始まったらしい(たぶん)。

そんな私は、オムライスの卵をくるっとすることが全然できなくて、これまであんまりオムライスをつくってこなかった。卵のなかの、ケチャップライスをつくるのもめんどうだし、4〜5人分の家族分とかをつくらないといけないときは、その回数分卵を焼いてライスをくるまないといけない。なかなか、大変で根気のいるメニューなのである。

ところが最近、本来のオムライスの用途であった“まかない”にしてからというもの、ぐっとオムライスが身近になり、よくつくるようになった。一時期毎日食べていた...といっても過言ではない。一人用を、朝ごはんを食べ損ねたお昼や、お昼を食べ損ねた夕方に、チャッと炒めて食べるのだ。

冷やご飯が余っていたらむしろラッキー。このあと卵やチーズが待っているので、ごはんはお茶碗小盛くらいを目安に。にんにくひとかけをざっと切り、小さめフライパン(うちにはないので卵焼き器で代用しているけれど)に油を引いて、弱火で香りを出す。そこにごはんを入れて、黒こしょうをざっと入れて混ぜ合わせる。豚バラかウィンナーがあるときはそれをごはんの前に炒めると良い。

ごはんがガーリックライスになったら(ケチャップライスにしないだけですごく楽だ)、一旦取り出し、再度油を引いて、卵一個をといでチャーっと入れる。2〜3回さいばしで大きくかき混ぜてから、じゅうじゅういっている卵の上にとろけるチーズをのせ、チーズが名前通りとろけてきたら、お皿に盛ったごはんの上にフライパンをかぶせてパッとひっくり返す。ケチャップをさっとかけて、できあがり。

ケチャップライスにしないだけで、卵でくるまないだけで、とっても楽な...というか、まかないとしての本分を取り戻したかのようなオムライスになる。簡単な割に、ごはんに加えて豚肉やチーズ、卵といったタンパク質がバランスよく取れるのが嬉しい(簡単オムライスなので野菜はないけれど)。

ちなみに見た目は良くない。このエッセイの背景画像にオムライスがきていないのはそのためである。

なんてことを深夜に書いていたらお腹が空いてきた。明日は朝からオムライスを食べよう。それを楽しみに寝よう。

それでは、また。



SAKI.S
OTHER SNAPS