LOG IN

良いと思ったものをつくり続けて、

by SAKI.S

おお、ついに。

ついに、goatで写真が背景の縦書き、しかも明朝体が出たかあ、と嬉しい。goat、独自の進化を遂げてる気がしてこの先も楽しみ。

***

週末は弾丸でソウルへ。飛行機で2時間という近さゆえ、いつでも行けると思って今まで行ったことのなかった韓国。

初めてなのに、かつて住んでいた香港や台湾よりも異国情緒感がない。地下鉄に乗ってスマホいじってると、つい集中しちゃって降りるべき駅を見失う、みたいなことが何回もあった。日本のように寝てる人もいるし。なんだ、この安心感。

事前に調べてたからかわいいカフェが多いのは知っていたけれど、にしても想像以上に多かった。調べて行かなくても、ふつうに街を歩いているだけでごろごろぶつかる。

しかも全然チェーンっぽくない。え!どういう人がやってるんだろう。

スタバに全然人が入ってなかったけど、それも納得、のステキカフェのオンパレードだった。

しかも見た目だけじゃなくて、ふつうにおいしい。ストロベリーミルクとか、ミルクの変な臭みはないし、いちごはごろごろした実がたくさん入っている。ショコラタルトは甘すぎない上品な味。

しかも、かわいいカフェだからって混んでるわけじゃなくて、これまたふつうって感じなんだ。東京より全然イケてるじゃん、ってショックを受けるくらい。このエッセイの背景もソウル。

***

なんだかそんな韓国のイケてるカフェを見ていたら、ふとやっぱり、自分が良いと思ったものをつくっていきたいな、と思う。

儲かるから、必要とされてるから、っていうのでつい仕事ってそっちに行っちゃうけれど、自分が良いと思ったその想いや感性って、やっぱり失いたくなくて。

あと結局、良いと思ったり、楽しいって思わないと続かない。自分がつくるものを良いと思えなくて、つくってることを楽しいと思えなくて、どうやって続けていけるのだろう。

心がぱさぱさしてくるじゃないか。

なんかね、ふと、思わぬところからエネルギーやきっかけをもらったりすることがある。旅ってやっぱり、そんなきっかけの宝庫だなあ。

それでは、また。

OTHER SNAPS