LOG IN

小さくて原始的な喜び

by SAKI.S

夫は毎日のようにメルカリに出品しているので、私もたまにお願い〜と言って出品してもらっている(自分でやってと言われるけれど面倒くさくていつも頼みこんでいる。もちろん売上は取らないよ)。

先日はディズニーの耳カチューシャを出品してもらって、有り難いことに買い手がついた。

一、二回しか使ってないけれど、校外学習や卒業旅行で仲いい友達とディズニーに行った思い出が詰まってるので、けっこうな引っ越しを乗り越えてきた。というのもあるし、きれいだけど新しくはないので大丈夫かなあと夫にぶつぶつ言ってたら一筆書けば?と提案されたので、ポストイットにお礼と、思い出の品であることと、息子がほしいと言って買ったとのことなので家族でディズニー楽しんでくださいと書いた。

そうしたらお礼メッセージが届いていて、息子は毎日ポストを覗いて楽しみに待っていたこと、誕生日にディズニーに行くこと、今からミミをつけて楽しみにしていること、が書かれていた。

すごく嬉しくなって、夫が送ってくれたそのスクショを思わず保存する。

たぶん、なにかモノをあげて喜ばれるのって(送料込みの安い値段なので売ったというよりあげたなのだ)、すごく原始的な喜びなんだろうなあと思う。

小さな喜びかもしれないけれど、その分忘れがちだから、プチギフトもそうだけれど、ひとにモノをあげる小さな喜びを、積み重ねていけたらな、なんて思う。

それでは、また。

OTHER SNAPS