LOG IN

罪悪感は水に、

by SAKI.S

朝夜はめっきり冷え込むようになってきたけれど、ぐずぐずした天気がどこかへと消えこれぞ秋晴れというような晴天が続き、昼間の日差しはまだまだ暖かい。絶好のお出かけ日和だなあと思いつつ、なんだか最近出かけたいところというかやりたいことが思い浮かばない。落ち込んでいるわけではないんだけれど。

でも食欲だけはあるのか、ついつい口ばかりが進む。間食にコロッケパンとかホットビスケットとかスコーンとかを持ってくるもんだから、もはや立派な主食である。ガツンと粉もん、炭水化物がたまらない。

コロッケパンなんて炭水化物カケル炭水化物だから、囓ったそばから湧き上がる罪悪感を水で流し込む。食べ終わってお腹まわりをひねってストレッチしてみたり。でもこのザ・炭水化物がたまらないんだよなあ。

さて明日は何食べよう。そういえば受験時代は寮の夜ごはんが唯一の楽しみだった。料理長に嬉々として伝えたら悲しいねえなんて同情されたけど。

それでは、また。

OTHER SNAPS